招待されたドレス

ドレス

お呼ばれドレスで工夫することは、インターネット通販やレンタルドレスを利用することで安く済ませられます。気をつけることとしては白色に見えるドレスを避けることや身体のラインが見えたり短い丈のドレスは避けることなどです。

オトナ婚の増加による変化

ブライダルドレス

10年前と比べると女性の平均初婚年齢は3歳ほどプラスになりました。そのため20代の若い花嫁をターゲットにした可愛らしいウェディングドレスよりも、30代以上のオトナ花嫁向けの、露出を抑えた大人っぽいデザインのウェディングドレスの人気が高まっています。

ドレスに妥協はしない

ウェディングドレス

結婚式を行う際、提携の衣装部門にお気に入りの衣装が見つかればいいのですが、そうでないときはウェディングドレスレンタル専門店を探してみましょう。持ち込み料を負担しているところも増えていますのでお気に入りの一着が見つかるかもしれません。

レンタルが人気

ウェディングドレス

安く利用できる

結婚式をするときに、多くの人が二次会を実施します。この二次会においても披露宴と同じようにドレスを着る花嫁が多く、二次会を考えている人は二次会ドレスを準備する必要があります。この二次会ドレスを準備する方法には、事前に購入して用意をする方法とレンタルをする方法があります。その中でも人気の方法がレンタルをする方法です。レンタルであれば、購入するよりも安く利用することができるのが大きなメリットです。二次会をすることができる会場では、こうしたレンタルの人気を受けてレンタル用の二次会ドレスを取り扱っているところと提携していることが多くあります。提携先でドレスを選ぶことができるので利用する花嫁も自分に合っているものを選ぶことができます。

合計の金額で計算

花嫁が二次会ドレスをレンタルする場合にはいくつか気をつけておくべきポイントがあります。その1つが、費用面です。レンタルの二次会ドレスを利用する人が気をつけておきたいのが合計の費用で計算をする必要があると言うことです。花嫁はドレスを利用する場合には、衣装以外にもメイクや小物などの費用がかかってきます。これらはドレス代と比べると高額ではありませんが無視することができない金額になります。こうした費用まで全てを考えた上で計算をする必要があります。また、準備態勢についても確認が必要です。二次会の会場と提携はしていなくても契約や支払いは別になっていることが多いので、二次会をする前にしっかりとした打ち合わせが大切です。